main


◆日本赤十字リハビリテーション協会 会則

第1章 総 則
(名 称)
第1条 本会は、日本赤十字リハビリテーション協会と称する。
(事務局)
第2条 本会は、事務局を会長の指定する場所に設置する。
(目 的)
第3条 本会は、会員の人格、倫理の向上、リハビリテーションにおける学術研究、またこれらを通じて赤+字医療事業への寄与及び地域福祉への貢献等を目的とする。
(事 業)
第4条 本会は前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
  (1)リハビリテーションの学術・技能の振興に資する事項。
  (2)リハビリテーションを通して、社会福祉の増進に寄与する事項。
  (3)関係する医療学術団体と協力して、学術・技能の向上、及び研究に資する事項。
  (4)リハビリテーションに関する刊行物の発行及び調査研究に関する事項。
  (5)会員の職業倫理の昂揚並びに相互福祉に関する事項。
  (6)その他、本会の目的達成に必要な事項。

第2章 会 員
(資 格)
第5条 本会の会員は、次の2種とする。
  (1)正会員
   全国の赤十字病院及び関係施設に勤務する理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等リハビリテーション業務従事者で、本会の目的に賛同した者。
  (2)名誉会員
  本会に多大な功績のあった者で、理事会の推薦を受け、総会において承認された者。
(入会及び退会)
第6条 本会に入会しようとする者は、その旨を書面にて会長に届けなればならない。
また、退会する場合も同様とする。
  2.本会の会員は次のいずれかに該当するときは退会したものとみなす。
  (1)赤十字病院及び関係施設を退職したとき。
  (2)死亡したとき。
  (3)正当な理由なく会費を2年以上滞納し、且つ事務局よりの請求に応じないとき。
(除 名)
第7条 会員に本会の名誉を著しく損なう行為があった場合には、総会の決定により除名することができる。
(会 費)
第8条 正会員は総会において別に定める会費を納入しなければならない。
(拠出金品の不返還)
第9条 既納の会費その他の拠出金品は返還しないものとする。
(特別会員)
第10条 本会に特別会費を負担する特別会員を置くことができる。

第3章 役  員
(種 別)
第11条 本会に次の役員を置く。
  (1)会 長  1名
  (2)副会長  3名以内
  (3)理 事  若干名
  (4)監 事  2名
(選 出)
第12条 役員の選出は次の通りとする。
  (1)会長及び監事は総会において正会員の中より選出する。
  (2)副会長及び理事は会長が推薦し、総会において承認を得る。
(職 責)
第13条 会長は本会を代表し、会務を統轄する。
2.副会長は会長を補佐し、会長に事故あるとき、又は会長が欠けたときは、理事会の指名によりその職務を代行する。
3.理事は会務を執行する。
4.監事は会務及び会計を監査する。
(任 期)
第14条 役員の任期は2年とする。
2.補欠役員の任期は前任者の残任期間とする。
3.辞任又は任期満了においても、後任者が就任するまでは、前任者がその職務を行わなければならない。
(その他の機関)
第15条 本会に顧問を置くことができる。

第4章   会  議
(種 別)
第16条 会議は総会及び理事会とし、総会は定期総会及び臨時総会とする。
(構成及び機能)
第17条 総会は正会員をもって構成し、この会則に規定するものの他次の事項を決定する。
  (1)事業計画の決定
  (2)事業報告の承認
  (3)収支予算の決定
(4)収支決算の承認
(5)その他本会の運営に関する重要な事項。
(召 集)
第18条 会議は会長が召集する。
(開 催)
第19条 定期総会は毎年1回開催する。
2.臨時総会は、理事会が必要と認めるとき、又は会員の5分の1以上、若しくは監事がその目的を示して請求したときにのみ開催する。
3.理事会は、会長が必要と認めたとき、若しくは過半数の理事が目的を示して要請したときに開催する。
(議 長)
第20条 総会の議長はその総会において出席会員の中より選出し、議長は書記及び議事録署名人を指名する。
2.理事会の議長は会長がこれにあたる。
(定足数)
第21条 総会は正会員の過半数の出席がなければ開会することができない。
2.理事会は、理事の過半数の出席がなければ開会することができない。
(議 決)
第22条 会議の議決は出席構成員の過半数の同意をもって決し、可否同数の場合は議長の決するところによる。
(書面表決)
第23条 やむを得ない理由により会議に出席できない会員、又はその他の構成員は、あらかじめ通知された事項について書面をもって表決することができる。この場合は第21条及び第22条の適用について出席したものとみなす。
(議事録)
第24条 総会の議事については、次の事項を記載し議事録を作成しなければならない。
  (1)日時及び場所。
  (2)会員数及び出席者数。
  (3)開催目的、審議事項、及び議決事項。
  (4)議事の経過の概要。
  (5)議事録署名人に関する事項。
2.議事録には、議長及び議事録署名人が署名しなければならない。
(監事の出席)
第25条 監事は会議に出席し意見を述べることができる。但し、表決に加わることはできない。
(委員会)
第26条 会長が必要と認めたときは、委員会を設置することができる。

第5章 資産及び会計
(資産の構成)
第27条 本会の資産は、次の各号をもって構成する。
  (1)会 費。
  (2)寄付金品。
  (3)資産から生ずる収入。
  (4)事業に伴う収入。
  (5)その他の収入。
(資産の管理)
第28条 本会の資産は会長がこれを管理し、その方法は理事会及び総会の決定による。
(経費の支弁)
第29条 本会の経費は資産をもって支弁する。
(会計年度)
第30条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終了する。

第6章  会則の変更及び解散
(会則の変更)
第31条 この会則は総会において出席会員の3分の2以上の同意がなければ変更することができない。
(解散及び残余財産処分)
第32条 やむを得ない理由のあるときは、正会員の3分の2以上の同意により本会を解散することができる。なお、その時点での残余資産の処理は、解散時の総会にて決定する。

付 則 この会則は昭和62年10月1日より施行する。
付則2 第5条1の規定にかかわらず全国の赤十字病院及び関係施設に勤務する作業療法士、言語療法士等で本会の目的に賛同した者の入会を認める。
ただし、この付則の実行期間は平成5年度定期総会開催までとし、平成3年11月9日より施行する。
付則3 附則2の実行期間を平成7年度定期総会までとし平成5年10月23日より施行する。
付則4 この会則は平成9年10月25日より一部を改正し施行する。
付則5 この会則は平成13年10月20日より一部を改正し施行する。
付則6 この会則は平成25年9月14日より一部を改正し施行する。


◆日本赤十字リハビリテーション協会会則・細則

I 会費に関する項
1.本会の会費は、年額3,000円とする。
2.理事会が必要と認め、総会で承認を得た場合は、特別会費を徴収する事ができる。

II 局、部及び委員会に関する項
1.事務局の他に学術局及び渉外局を設置し、会長の指名する理事がその責任者として 任に当る。
2.事務局には財務部と広報部、学術局には会誌部と研修部および学術集会部、渉外局には情報部と保険部を設置し、会長が理事より部長を指名する。

V 選挙に関する項
1.役員の選挙は会則第12条に基づき、この規定に従って行う。
2.選挙管理委員会を設置する。
3.選挙管理委員会は正会員の中より3名を理事会において選出し、任期は2年とする。
4.理事及び監事は、選挙管理委員になることができない。
5.選挙管理委員が立候補する時は委員を辞任し、理事会は別の委員を選出する。
6.選挙管理委員会は、投票日の60日以前に選挙すべき役員及びその定員を公示し、立候補を受付けなければならない。
7.立候補の締切は投票日10日前までとし、本人が文書にて届出る。
8.会長及び監事の選挙は、会員の自由意志または推薦により立候補することができる。
推薦立候補の場合は3名以上の推薦者を必要とし、本人の同意を得て、推薦者の代
表が文書にて届出る。
9.候補者が定数に満たない場合は、理事会において候補者を推薦する。
10.選挙は総会において出席会員による直接無記名投票により行なう。
11.投票用紙は選挙管理委員会が定める。
12.有効投票は投票総数の3分の2以上なくてはならない。
13.単記投票の場合は、有効投票総数の過半数を得たものを当選とし、過半数に満たない場合は上位2名による決選投票を行なう。
14.連記投票の場合は、得票数上位より当選とする。
15.単記投票の場合または連記投票の最下位当選者の得票が同数の場合は、抽選にて当選を決定する。
16.候補者が定数の場合は、総会の承認により投票を省略することができる。
17.役員の選挙は次の順序で行なう。
1).会長
2).監事
18.候補者の告示は次の通りとする。
1).候補者及び推薦者の指名
2).立候補の趣旨
19.候補者は他の候補者を推薦してはならない。
20.開票は選挙管理委員会が行ない当選を決定する。なお、候補者の申し出により立会い人を置くことができる。

付 則
1.この細則の改廃は、理事会の承認を得なければならない。
2.この細則は、昭和62年10月1日より施行する。
3.昭和63年11月12日細則の一部を改正する。
4.平成9年10月25日細則の一部を改正する。


◆日本赤十字リハビリテーション協会休会規程

休会規程はこちら

PDFファイル

会則のPDFファイルはこちら